このページでは メットライフドーム(西武ドーム)でライブが行なわれる時のアリーナ席の座席の配置や見え方について説明していきます。
その他のアクセスの情報やスタンド席の情報は別記事をご利用ください。




メットライフドームの座席表

では、まずはメットライフドームの全体的な座席表から見ていきましょう。

西武ドーム 座席表

※クリックで拡大可能 画像利用については注意事項をご覧ください。

メットライフドームでライブが行なわれる時は、ステージを外野側においてその前にアリーナ席が設置されるのが、もっとも一般的な座席配置です。

アーティストによってはセンターにステージを置いたり、花道が真ん中に伸びたり、周りを取り囲んだりと色々ありますが、まずはこの基本の座席表を元に解説していきます。

アリーナ席の座席配置

メットライフドームのアリーナ席の座席指定は『ブロック』と『座席番号』で指定される事が多いです。

ブッロク番号はステージ側からA,B, C,Dとアルファベットで表されて、上記の画像で言う左側から1から数字でブロックごとに分けられています。

ブロック数は公演により変わってきますが、Aで15~17位が通常です。つまりはブロック番号の数字的には7~10辺りがセンターの席なわけです。

西武ドーム アリーナ ブロック

次に座席番号ですが、この一つ一つのブロックの中にさらに1~160番などの数字で席が割り振られています
この数字はブロックの大きさにより異なりますが、1列12席で14列程あるのが多いパターンのようです。

見づらくなるので間は飛ばしていますが、このような事ですね↓

西武ドーム アリーナ席番号

これが一つのブロック↑で下記のようになる

西武ドーム ブロック 座席番号
また通しの席番号ではなく、列と席番号で指定されるケースもあるので、この場合はチケットに『ブロック』『列』『席番号』が指定されていると思います。

総合の席数が違いますが以下のような事ですね↓
アリーナ ブロック 詳細2




アリーナ席からステージの見え方

メットライフドームのアリーナ席からステージの見え方について見ていきましょう。

まずメットライフドームのアリーナ部分の大きさを考えてみます。公式ホームページによればメットライフドームのグラウンドのホームベースからの外野側の直線の距離は122mとなっています。

公開はされていませんが、測定したところホームベースから後の部分はおおよそ20m程だと推測されます。つまりは足して142mが以下の部分の距離となる訳ですね。

西武ドーム アリーナ 距離

これを元にステージからアリーナ席の一番後ろ部分の距離を考えてみると、100m~110m程となります。100mの距離からステージ上のアーティストの顔などを見るのは正直不可能を思ってもらってよいでしょう。

100mは50m走2回分と想像してもらうと良いかもしれませんが、他の例だとマンション34階から下に歩いている人を見るような感じです。

※距離感についてはこちらの記事も参考にしてください
100mの距離感はどんな?実際に見てみよう!

しかもアリーナ席には傾斜が付いていないので、アリーナ席の後方になる位ならスタンド席のある程度の場所の方が見え方としては良いかもしれません。

アリーナ席でステージ上がまともに見えてくるのはB列中頃位~と思ってもらって良いかと思います。(当然席によっては見えづらい)