この記事はマリンメッセ福岡でライブがおこなわれる時の、アリーナ席の座席表の解説と見え方について解説していきます。

その他の情報については以下の記事を参考にしてください。

マリンメッセ福岡の座席表

では、まずはマリンメッセ福岡の座席表をご覧ください。

マリンメッセ福岡 座席表

 

※クリックで拡大可能

ライブ初心者の方の為に説明しておくと、アリーナ席とはステージと同じエリア(階)にある一時的な席の事ですね。

マリンメッセ福岡では、元々ステージを使って様々なイベントもやりますが、普段競技などを観覧する席がスタンド席です。

マリンメッセ福岡では、通常上記の座席表のように北側(表で言う上)にステージを配置してライブなどをおこないます。

この他にもセンターにステージを置くタイプがありますが、今回は基本的なこのステージ配置で座席表と見え方について解説していきます。

アリーナ席の座席指定方法

マリンメッセ福岡のアリーナ席の座席の指定方法は

  1. ブロック
  2. 座席番号

この3つで指定されるのが一般的です。
順番に解説していきましょう。

ブロック

アリーナ席をいくつかのブロックに分けて席を配置しています。
ブロックはライブにより異なりますが、

多くの場合
縦に3~4ブロックに分けられA~Dのアルファベットで指定され、横に7~9ブロックの数字で指定されます。

マリンメッセ福岡 ブロック分け方

センターステージの場合は、アリーナ北,西,東,南と4ブロックに分けられ、反時計回りに数字が増えていくパターンがあるので、この表記がチケットにあったら、センターステージの可能性が高いと思ってもらって良いでしょう。

列と席番号

次に列の指定方法です。

ブロック分けされた中は、ライブにより異なりますが、多いパターンとして横12×縦15列程度の座席が作られます。

ただ、同じ座席数でも指定方法が複数あるので注意しておきましょう。

まず1つは

縦に列番号、横列は12列ごとに数字がリセットされる指定方法です。

つまりこういう事ですね。

15列×12列 座席

次に良くあるパターンはブロック内で通しで番号が指定されるケースです。

これは12×15列のブロックであれば180番まであるという事ですね。

これらの座席が、それぞれのブロックにあるわけです。

マリンメッセ福岡 ブロック内 座席例

注意したいのが、縦列はアリーナ席の後方まで、通し番号で1~50列となるパターンが多いですが、
横列はブロックごとにリセットされるパターンや、通しで番号がふられる場合がある事です。
通し番号の場合は以下のようになるわけですね。
アリーナ席 横列 通し番号タイプ

では、例えばB4 ブロック 16列 6番となればどうなるでしょう?

おおよそですが、このあたりとなります。

マリンメッセ福岡 B4 ブロック 1列 6番

通し番号のケースの場合、この席はB4ブロック 16列 36番となるわけですね。

ここまでが、マリンメッセ福岡の座席表の解説です。

では、気になるステージの見え方について解説していきましょう。

マリンメッセ福岡のアリーナ席からステージの見え方

当サイトでは画像ではなく、距離を元に見え方を解説していきます。

マリンメッセ福岡のホームページにある、設計図を元に距離を計算してみました。

今回の場合ステージ前方中心部分から、アリーナ席後方の中心までの距離はおおよそ60mとなります。

ステージとアリーナ席後方までの距離

60mという距離は、50m走のトラックを思い浮かべてもらえばわかるかと思いますが、それ程遠い距離ではありません。

身近なもので例えると、マンション20階部分から下の人を見るようなイメージです。

距離感については100mの距離感はどんな?実際に見てみよう!も参考にしてください。

今回は花道が伸びていないステージ構成ですが、センター部分まで花道が伸びていれば、もっと身近にアーティストを感じられるはずです。

以上、マリンメッセ福岡のアリーナ席の座席表と見え方についてでした。