この記事では、三重県サンアリーナでライブが行われる時のアリーナ席の座席表と見え方を解説していきます。

スタンド席の情報ついては下記の記事を参考にしてください。

三重県サンアリーナ スタンド席の座席表と見え方

三重県サンアリーナ 座席表

では、まずは三重県サンアリーナでライブが行われる時の座席表をご覧ください。

三重県営サンアリーナ 座席表

※クリックで拡大可能 画像利用については注意事項をご覧ください。

三重県サンアリーナでライブ時は、ステージを南側(座席表の上)に置き、その前に縦長にアリーナ席を配置するのが、一番多いパターンです。

公式サイトによると横長に使うパターンや、センターステージの例などもあるようですが、基本の座席表で解説していきます。

三重県サンアリーナ アリーナ席の位置

三重県サンアリーナでライブ時、アリーナ席は

  1. ブロック
  2. 席番号

この3つの情報で把握します。

ブロック

三重県サンアリーナのアリーナ席は、縦にA~Dの4つ~5つのブロック、そして横に7ブロックに分けられるパターンが多いです。

スタンド席の解説で話していますが、スタンド席の1列目~10列目が可動席であり、通常は使用しませんが、稀に使うことがあり、これによりアリーナ席のブロックも増減します。

因みに過去にセンターステージの場合は、東西南北のブロックに分けられた例もあるようなので、一応頭に入れておくと良いかもしれませんね。

また、三重県サンアリーナは比較的小さい会場なので、ブロックを指定せずに列と席番号のみで指定するケースもあるようなので、この後解説します。

列と席番号

一つのブロック内は縦15列×横12列程度の席があります。

三重県営サンアリーナ アリーナ席 座席表

例えば、Bブロック7列6番であれば、下記の場所あたりになります。

三重県営サンアリーナ アリーナ席 Bブロック 7列 6番

ブロックを指定しない場合は全てのアリーナ席を通し番号で指定します。

三重県営サンアリーナ アリーナ席 ブロック指定なし パターン 

例えば先ほどの、Bブロック7列6番は22列6番と同じ辺りの席となるわけですね。

三重県営サンアリーナ アリーナ席 22列 12番

一つのブロックの縦×横の席数は増減しますので、ブロック指定が無い場合は、若干席の位置の把握はしづらいと言えるでしょう。

三重県サンアリーナ ステージの見え方

座席の位置の把握ができたら、ステージの見え方をみていきましょう。

このサイトでは距離を計算して、ステージの見え方を解説していますが、距離はあくまで目安なので、参考程度にお考えください。

まず、三重県サンアリーナのアリーナ部分の広さですが、約83m×48m程の広さがあります。三重県営サンアリーナ アリーナ広さ

これを基準に座席からステージセンターの距離を計算してみます。

この座席表では機材置き場になっていますが、アリーナ席最後尾付近ではおおよそ55m程の距離があると思われます。

三重県営サンアリーナ アリーナ席 後方 見え方

55mの距離は50m走をイメージするとよいでしょう。
身近なもので例えると、マンション17階から下の人を見るようなイメージです。

輪郭などはある程度はっきり見える距離ですが、表情をしっかりと見るには少し遠い席と言えるでしょう。

イメージできない場合、100mの距離感はどんな?実際に見てみよう!を参考にしてください。

続けてアリーナ席中央付近の距離ですが、約20m程です。

三重県営サンアリーナ アリーナ席 中央付近 見え方

非常に近い距離ですね。

以上、三重県サンアリーナのアリーナ席の座席表と見え方について解説してきました。

三重県サンアリーナはそこまで大きい会場ではないので、アリーナ席であれば比較的近くにアーティストを感じる事ができるかと思います。

この座席表ではありませんが、花道があるケースもあるので、その場合さらに近くに感じる事ができるでしょう。

では、三重県サンアリーナのライブを是非楽しんでくださいね。