この記事では三重県サンアリーナでライブが行われる時の、スタンド席の座席表の解説とステージの見え方について解説していきます。

アリーナ席の情報については下記の記事を参考にしてください。

三重県サンアリーナ アリーナ席の座席表と見え方

三重県サンアリーナ 座席表

では、三重県サンアリーナでライブが時の座席表をご覧ください。

三重県営サンアリーナ 座席表

※クリックで拡大可能 画像利用については注意事項をご覧ください。

三重県サンアリーナでライブが行われる時は、南(画像の上)にステージを設置してライブを行う事が大半です。
調べた範囲では、センターステージのケースも稀にあるようですが、基本このステージ配置で座席説明をしていきたいと思います。

因みにライブ初心者の方の為に説明すると、スタンド席とは普段競技を観戦する既設の席の事を指します。
アリーナ席はステージと同じフロアにある仮設の席ですね。

三重県サンアリーナ スタンド席の場所確認方法

三重県サンアリーナのスタンド席は

  1. ブロック
  2. 席番号

この3つで位置が把握できます。

ブロック

ブロックは北(画像の下)から時計回りにA~Hの8ブロックに分かれており、これにVIP席であるSブロックが西側のCブロックの中央に加わります。

ステージの真後ろにある、Eブロックは殆どの場合利用されないので、実質Dブロックと、Fブロックが一番ステージに近い席と言う事になりますね。
(Eブロックもバックステージ席として開放されるケースもあります。)

三重県サンアリーナでは、アリーナ側から後方へ向かって23列の席があります。

ただし、前方の10列は可動席となっており、ライブ時は収納されて行いますので、実質使うのは11列~23列ですね。

稀に、H,A,Bの1列~10列の一部を使用する例もあるようですが、基本は11列が最前列と思ってください。

ただし、Sブロックのみは1列~5列のみで133席の独立した席なので、1列目が最前列になります。

席番号

席番号は時計回りに数字で指定され、最大で60番まであります。

F,G,Hブロックでは、席番号が大きいほどステージから離れる。

B,C,D,Sブロックでは、席番号が小さい程ステージに近いと考えてください。

三重県サンアリーナ スタンド席 見え方

座席の位置が分かったところで、スタンド席からステージの見え方についてみていきましょう。

このサイトではステージまでの距離を計算して、見え方について解説していきます。
距離は独自に調査した目安です、参考程度にお考えください。

まず、基準にするのが三重県サンアリーナのアリーナ部分の広さです。

公式サイトの情報では、約83m×48mの広さがあるようです。

これを基準にそれぞれの座席の距離を計算してみます。

まずは、ステージから一番遠い席である、Aブロック最後列付近の距離は約70m程の距離です。

三重県営サンアリーナ Aブロック 最後尾 見え方

70mの距離は、それほど遠いわけではありませんが、表情までしっかりと見える距離ではありません。

身近なもので例えると、マンション23階付近から下の人を見るようなイメージです。

因みに、この距離は直線なので、これに高さも加わりますので、もう少し遠く感じると思います。

では、Aブロックの前方11列付近ではどうでしょうか?

三重県営サンアリーナ Aブロック 11列 見え方

約60mの距離があります。

Gブロックの後方付近では、約35mです。

三重県営サンアリーナ Cブロック Gブロック 最後列 見え方

この辺りまでくるとかなり近い距離になってきますね。

ドームや、スタジアムなどと比べれば、比較的小さい三重県サンアリーナの会場ですが、場所によっては距離を感じてしまう場合もあるかもしれませんね。