この記事ではヤンマースタジアム長居で、ライブが行われる時の座席表を見え方について解説してきます。

ヤンマースタジアムは大阪を代表する大規模会場です。
収容人数はサッカーの時などで47000人程で、おおよそですが東京ドームと同じ位のキャパです。

今回の記事ではライブ時のスタンド席について解説していきます。
アリーナ席については以下を参考にしてください。

ヤンマースタジアム長居 座席表

では、まずはヤンマースタジアムの座席表をご覧ください。
ヤンマースタジアム長居 座席表

※クリックで拡大可能 画像利用については注意事項をご覧ください。

ヤンマースタジアム長居 スタンド席 座席 見つけ方

ヤンマースタジアム長居でライブが行われる時の座席の指定方法は

  • ゲート番号
  • ブロック
  • 席番号

この4つで指定されます。

多くの場合北側にステージを配置してライブを行います。

ブロックとゲート番号

ブロックはA~Jまでのブロックがありますが、ステージが北側(座席表の左側)にありますので、真後ろのIブロックとJブロックは使われません。

ブロックは北側から反時計回りに進んでいきます。
AブロックとHブロックが、ステージに一番近い座席と考えてよいでしょう。
ヤンマースタジアム長居  ブロック

Bブロックは記者席が多く、Pブロックと表記されるケースもあります。

ヤンマースタジアム長居  Pブロック ファミリー席

それぞれのブロック毎に、A1,A2,A3等のようにゲートがありますので、ゲート番号でおおよその位置が分かります。

ヤンマースタジアム長居 ゲート番号

列の指定はアリーナ席側から後方へ向かい、最大で56列まであります。

 

Pブロックは、親子席などで使用されるケースがあります。
コンセントとテーブルがついた座席なので、特別感があるかもしれませんね。

それぞれの後方にはT1.2列と言う、最後列2列があります。いわゆる天井席です。

以前は11.12列と表記されていましたが、勘違いする方が多くいたためT列と表記されています。
(当サイトの座席表は11.12列となっています)

ヤンマースタジアム長居 T11列 T12列

席番号

席番号は、それぞれのブロック毎に反時計回りに数字が増えていきます。
大きい数字では132番などがあり、列やブロックにより席番号の最大値は変わります。

西(座席表下)ABCブロックは数字が大きい程ステージから遠くなる。
東(座席表上)FGHブロックは数字が小さい程ステージに近くなる。
ここを覚えておきましょう。

ヤンマースタジアム長居 席番号

ヤンマースタジアム長居 スタンド席 見え方

おおよそ自分の席が分かりましたら、座席からの見え方について解説していきましょう。

このサイトでは、公式サイト等の情報を元にステージから座席までのおおよその距離を算出して、ステージの見え方を解説しています。
距離は目安ですので参考程度にお考え下さい。

まず、基準とするのがヤンマースタジアムのフィールドの107m×71mの数字です。

 

ヤンマースタジアム長居 アリーナ 広さ

この場合おおよそ、アリーナ部分全ての距離は約200m×130mとなりました。
ステージはAブロック周辺に作られるので、そこからEブロック最前列の距離を算出すると
約170mの距離があると推測されます。

ヤンマースタジアム長居  Eブロック 見え方
170mは約マンションで言えば57階付近から下の人を見るイメージで、表情などは肉眼でとても見える距離ではありません。
次にEブロックの最後列の距離だとどうでしょう?
190m近い距離となってしまいました。
ヤンマースタジアム長居  Eブロック 最後列 天井席 見え方
しかもスタンド席には傾斜がついているので、実際はもっと遠く感じるでしょう。

距離感が掴めない方は

も参考にしてくださいね!
では、最後にもう一つ東西のブロックを見てみましょう。
スタジアムのセンターであるGブロック最後列ですと、ステージからの距離は138m程と算出されました。
ヤンマースタジアム長居  Gブロック 最後列 天井席 見え方
逆側のBブロックは貴賓席などがありますが、おおよその距離は一緒でしょう。

スタジアム級のツアーとなると、スタンド席の場合、どうしてもステージからの距離がでてしまいますね。
でも、ライブは肉眼で見る事だけが楽しみじゃありません。

音と一体感をめいいっぱい楽しんでくださいね!!