このページでは横浜アリーナでライブが行なわれる時のセンター席の座席について解説していきます。

その他の基本情報などについては以下の記事を参考にしてください。

横浜アリーナ 全体の座席表

まずは、横浜アリーナ全体の座席表をご覧ください。

横浜アリーナ 座席表

 

※クリックで拡大できます

横浜アリーナでは、基本的にAパターン,Bパターン,Cの3つのパターンのどれかで座席配置がされます。

上記の座席表はライブ時に、もっとも多いパターンであるAパターンで,今回はこちらを元に解説していきます。




センター席の座席配置

センター席の座席配置はAパターンの場合ステージを東南(上記の画像で言う上)に設置して、その前に席を配置していきます。

席の振り分けは数種類ありますが、1つ目は上記の座席表のようにブロックがアルファベットで分けられ、その中に列と座席番号で席が指定されるタイプです。

2つ目はセンター席全体で列と座席番号で指定するタイプです。それぞれ順番に説明していきますね。

アルファベット ブロック分けタイプ

アルファベットはステージ側からA,B,C,Dとなっていて左側から1,2,3と数字でブロック分けがされていきます。

そして、この中でこれまた2つの方法で席を指定します。

一つは列と座席番号で席を指定します。

 

列はAブロックの13列で、それ以降のブロックは縦に16列程で横に18列程の席が作られます。これはステージ構成によって微妙に変わるケースもあります。

 

列はステージから向かって後方に、席番号は右から左に向かって番号が割り振られています。
一列ごとに数字がリセットされ1~18番となっていきますね。横浜アリーナ センター席 座席番号 列

通常ライブ会場の場合は左から右に数字が多きくなるのに対して逆なので、ここだけ注意しておきたいですね。

横浜アリーナ センター席 席番号

横浜アリーナのセンター席の席は、専用の椅子で他の会場のように簡易的なパイプ椅子と違うので、設備の一部です。
その為、基本的にはこの列と席番号が激しく変わる事はないでが、ステージ構成によって多少は変化します。
もう一つはブロック分けされた中に通し番号で席が指定される例です。

横浜アリーナ センター席 座席番号 通し

このような感じですね。
ブッロクの中の分座席番号が通しで割り振られていきます。

チケットにブッロク番号+18以上の大きな数字があれば、このパターンの可能性が高いです。

全体を列と席番号で分けるケース

では次に全体を列と席番号で分ける方法です。

横浜アリーナ センター席2

※クリックで拡大可能

上記のようにブロックが指定されていませんね。

このパターンの場合はステージから後に向かって列が63列で指定され、やはり右から左に向かって座席番号54番までで席が指定されます。
この座席数もステージ構成などによって変化してきますが、基本的にはこのパターンだと思ってください。

 

チケットにブロック番号の記載がなければ、このパターンの可能性が高いです。

センター席からステージの見え方




では、次にセンター席からステージの見え方です。

横浜アリーナは東京ドームなどの大規模な場所でライブが行なわれる場合よりは、比較的小さめの会場ですが、それでもセンター席の後方からステージ上までの距離はそこそこあります。

公式ホームページではアリーナの大きさは大きい方で114mとなっています。

横浜アリーナ 大きさ 距離

これを元に仮にステージを上記の座席表に設置した場合の、センター席からステージの距離を計算すると。

約50m程となります。

50mは単純に50m走の距離をイメージしてもらえば良いですね。
一応身近なものに例えると16階だてのマンションの高さなので、その屋上から地上の人を見るような感じですね。

※距離感についてはこちらの記事も参考にしてください
100mの距離感はどんな?実際に見てみよう!

横浜アリーナの場合は公式サイトにパノラマギャラリーと言う親切なサービスもあるので、そちらも参考にしてください。

ただ、これはあくまで直線の距離で実際には前に人もいますし、ステージは少し高く設置されるので見え方は人それぞれ微妙に変わってくるでしょう。

一応横浜アリーナの場合、センター席のDブロックのみ段差が付いていて、多少ですが高い部分からみる事ができます。

実際のパターンAはアリーナ席をつぶしている

ちなみにですが、横浜アリーナのアリーナ席は可動式で、機械で管理して収納できるようになっています。

公式のホームページでもなっているAパターンは、アリーナEとFを収納する形式でこのようになっています。

横浜アリーナ Aパターン 

ステージを何処に置くかは、先にあげたセンター席と同じエリアか、このスタンド席をつぶした少し上の部分にそのままステージを構成するか。公演によって異なります。

この場合はステージまでの距離は60m~70m程になってしまうかもしれませんね。

以上が、横浜アリーナのセンター席の座席パターンですね。横浜アリーナにライブに出かける際は参考にしてくださいね!